トップページ > FPサロンのサービス > 資産クリニックの紹介 > 資産運用設計

お手軽家計診断(無料)

現在の年齢から90歳まで、皆様が希望するライフプランを実現するために必要な資金残高の推移と、それを可能にする資産運用の設計図を描きます。

資産運用設計は、皆様のご希望により、ライフプランをベースとして、
 @ ライフプラン(〜40歳代)
 A リタイアメントプラン(50歳代〜)
 B エステートプラン(相続・贈与)
 C インベストメントプラン(年代別・資金別投資)
の各カテゴリーに重点を置いた提案書を作成します。

資産運用設計の手順例
step1 生涯生活資金を予測する
現在の年齢から90歳までのご家族の生涯生活資金を予測します。皆様ご自身とご家族のこれからの人生のイベント(いろいろな行事)を書き出し、それに必要な資金(支出)はどのくらいかを算出します。

step2 生涯収入を予測する 
生涯生活資金に対し、収入がどのくらいなのか?90歳までのご家族の生涯収入を予測します。主な収入源は
@ 給与  A 退職金  B 保有資産  C 保険、年金 D その他
に大きく分けられます。

step3 支出と収入の対比
支出予測と収入予測を対比し、収入が支出を上回っていれば、概ね問題はありませんが、資産残高が不足しているときはその対策を講じる必要があります。その不足をどう補うか、資産運用設計の最大の目的です。

step4 資金の確保
不足を補うには、
@ 支出を抑える
A 収入を増やす
のどちらかになりますが、 効果的な対策としては、資産運用をするという方法があります。これらの総合的な効果により、終始をプラスに変え、これからの生活に必要な資金を確保します。

step5 資産運用の実践
資産運用の具体的な手順は、まず、資金を確保するために必要な資産運用の運用利回りを計算します。運用利回りは、現在ある資金を将来確保したい金額にするために必要な「運用目標」となります。

step6 資産を配分する
「運用目標」は、皆様それぞれの必要基金の金額によって異なりますが、運用利回りという目標を設定することで実現性が増して来ます。「運用目標」が確定したら、次はその人が取れるリスク許容度に合わせ最適な資産配分を行います。

step7 運用成果の確認と見直し
資産配分は、大きく「安定型」「成長型」「積極型」の3タイプに分けられます。そして、それぞれのタイプを基に、目標利回りを確保するための金融商品の選択と、選択後の運用状況の把握、一定期間ごとの運用成果の確認と見直しを行います。

ご利用料金 ⇒ ■一般料金:50,000円 ■会員料金:30,000円

FPサロンでは、お客様の資産を「作る」・「殖やし守る」ために、長きにわたりパートナーとして最適な サービスを提供させて頂くコースプランをご用意いたしました。 お客様の目的に合わせ、「安心コース」・「満足コース」からお選びいただけます。 詳しくは弊会のファイナンシャルプランナーまでお問合せ下さい。

>> お問合せはこちらから